20140530_日刊工業_セカイラボ


日刊工業で連載頂いているMorning Pitchのコーナー『ベンチャーは朝育つ』にて
セカイラボ(東京都目黒区・鮄川宏樹社長)が掲載されました。


セカイラボは、スマートフォンアプリケーション開発などをクラウドソーシング(不特定多数者への業務委託)で発注できるウェブサイト『セカイラボ』を運営している。中国やインドなど約8万国、約1200人のエンジニアでチームを組成、開発を依頼する。日本企業に発注した場合に比べコスト削減できる。主要国のエンジニアの人件費を比較すると、中国は日本の2分の1、ミャンマーは8分の1だ。問い合わせフォームから依頼すると、対応可能チームから提案と見積もりが届く。発注者がスキルや実績から自社に適したチームを検索し、開発を依頼する事も可能。

エンジニア数は年内に1万人に増員し、即応体制を強化したい。
 
(日刊工業 2014年5月30日)