<<2014年7月10日登壇企業>>






geechs asia Pte. Ltd.

代表取締役 高原 大輔氏



未来のグローバル人材を目覚めさせる

一生モノのセブ島留学を提供する「NexSeed(ネクシード)」


欧米留学の約3分の1の価格で、1日最大7時間のマンツーマン指導付きのセブ島留学をすることができる。週に一度のネクシード完全オリジナルな課外授業では、現地企業訪問・大学生との交流など、現地の人々と触れ合う機会を提供。英語に加えてプログラミングも学べるエンジニア留学も扱っており、単なる語学留学ではなくグローバル人材の育成に力を入れている。

URL:http://nexseed.net/








株式会社スクールウィズ

代表取締役 太田 英基氏



海外留学を希望する人が、自分に合った学校選びを実現する口コミ情報プラットフォーム

イノベーションが起こっていない留学業界に変化をもたらす


School Withは、フィリピン語学留学の口コミ情報サイトであり、セブを中心に100校以上の語学学校の情報が掲載されている。口コミを投稿するのにFacebookアカウントが必須なため、匿名ではなく実名ベースの口コミが集まる。口コミ内容は、語学レベルや費用といった基本情報から学校の校則や雰囲気、さらには経験者の主観的な評価まで、学校選びに役立つ項目が網羅されている。2013年4月に開設された新しいサービスであり、将来は中国や韓国、欧米への展開を見据えている。

URL:http://schoolwith.me/








ビズメイツ株式会社

代表取締役 鈴木 伸明氏



日本人がグローバルなビジネス環境で成果をあげるために

スカイプを使って学ぶ「高品質」ビジネス英会話「Bizmates」


Bizmatesは「ビジネスに特化」したオンライン英会話サービスであり、ビジネスの現場経験を持つ「ハイレベルな講師」からマンツーマンでレッスンを受けることが出来る。「オリジナル教材」は、受講生が実際のビジネス現場で成果をあげられるよう、単なる英会話だけでなく、効果的なコミュニケーションスキルや相手の価値観を受け入れるマインド面まで、総合的な素養を習得できるよう設計されている。1レッスン(25分)あたり290円〜と通学型の英会話教室よりも「低価格」、かつ早朝や深夜も受講可能と「利便性が高い」のも特徴。同社は、2014年7月より、東京海上日動火災保険株式会社の従業員向け英語研修の独自プログラムを提供開始した。

URL:http://www.bizmates.jp/








ランゲージクラウド株式会社

Co-CEO ジョン・英誉・マーティン氏



日本の語学教育産業に革命をもたらす

語学学習の教師と生徒のためのオンラインプラットフォーム「language cloud」


先生と生徒はこのオンラインプラットフォームに簡単にアクセスし、クラスや割り振り、ノートなどをクラウド上で管理できる。インターフェースもすっきりとした流行のデザインで、初心者にもわかり易く、トレーニングなどに特別な時間を要さない。さらに、Language Cloudはソーシャル機能を有し、グループやチャット機能のほかに、先生や生徒として学校の他のメンバーをフォローすることもできる。慶応義塾大学や上智大学など50校の学校が登録し、同社はサイバーエージェントベンチャーズやシリコンバレーを拠点とする500startupsから投資を受けている。

URL:https://languagecloud.co/








株式会社エニドア

代表取締役 山田 尚貴氏




「翻訳を依頼した人」と「翻訳できる人」を繋げる

翻訳のクラウドソーシング「conyac」


conyacでは、Word, PowerPoint, Excelやテキストファイル等の文書をConyacにアップロードするだけで、1万人以上のconyac翻訳者コミュニティーに翻訳依頼を出すことが出来る。同サービスでは、翻訳の品質を担保するため、2人目の翻訳者によるチェックや依頼者本人によるフィードバックのオプションを用意している。現在、対応言語は60に拡大。同社は昨年8月に三菱UFJキャピタルやSMBCベンチャーキャピタル等から6000万円の資金調達を行った。

URL:http://any-door.com/








グリッドマーク株式会社

代表取締役 吉田 健治氏



語学教材の新しいスタンダード
録音もできる多機能音声ペン「G-Speak」


G-Speakは、同社の持つ特殊技術により印刷された紙面をタッチするだけで、音声を再生したり、自分の声を録音して読み聞かせや聞き比べをすることが出来る。また、PCに接続出来るようになっており、動画などWeb上の教材と紙面教材を融合した新しいコンテンツを提供することができる。G-Speakは多言語に対応しており、音声モードを切り替えることで英語、日本語、中国語、韓国語など、複数の言語を再生させることができる。同製品は、株式会社日本公文教育研究会の小学生向け英語教材に採用されている。

URL:http://www.gridmark.co.jp/company.html

ニュースレターに登録し、最新の情報を入手







◆イベント参加申込みは下記リンクよりお願い致します◆

http://eventregist.com/e/morningpitch140710